11.30.2012

シドニー(オーストラリア)モーターショー

シドニー(オーストラリア)モーターショー

Australian International Motor Show ›› website

  • 2012年10月19日~28日
  • シドニー(オーストラリア)モーターショー
  • シドニー・ダーリングハーバー(エキシビション・コンベンション・センター)
  • 豪州最大の自動車見本市「豪国際モーターショー2012」がきょう19日、シドニー・ダーリングハーバーのエキシビション・コンベンション・センターで開幕する。18日に行われたメディア対象の内覧会では、各メーカーが環境対応技術や安全性能などを積極的に紹介。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.29.2012

シボレー・アップランダー | Chevrolet Uplander(2005-09)

シボレー・アップランダー | Chevrolet Uplander(2005-09)

一見SUV的な鼻先を持ってはいるが、スライド・ドアをもつレッキとしてミニバン。

多彩なシートアレンジが可能なあたり、ライバルのジャパニーズ・ミニバンを研究してきたことが伺えるアップランダーに、V6の3.9リッターエンジンが登場。
 
240馬力の強心臓と、ミッドサイズ・ボディのコンビネーションは、ミニバンらしからぬ俊足ぶりを見せ付ける。

搭載エンジンや駆動方式はほぼ同一ながら、内外装に変更を加えることでビュイック・テラザ、ポンティアック・モンタナSV6、さらにサターン・リレイと、じつに3台もの兄弟車種がほぼ同時に発売されているのだ。
 

 全車コラムシフトながら、フロントシートはセパレート式。
『全席ウォークスルー』や『多彩なシートアレンジ』という、日本車が得意とするパッケージングを採用している。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet011.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.28.2012

バイパー 初代 | Dodge Viper RT/10 '92-95

バイパー 初代 | Dodge Viper RT/10 '92-95

バイパーはクライスラーから請われてフォード・モーターより移籍してきたボブ・ラッツ主導のもと、当時北米のマッスルカー市場で大きなシェアを得ていたゼネラルモーターズのシボレー・コルベットに対抗できるスーパースポーツとして企画された経緯がある。

 

開発コンセプトは1960年代後半に登場したスポーツカーシェルビー・コブラ を意識したものと言われており、開発スタッフにはコブラを造ったキャロル・シェルビーも関わっていた。

 

当初は3年間だけ少量限定生産する計画であったが、発売後大きな反響と共に想定以上の売り上げをたたき出したため、予定を変更して継続販売されることとなった。

バイパーはアメリカ車ならではのOHVエンジンを搭載するが、その実はよく見られるV8ではなくV10、排気量は8リッターと市販車の中では最大級である。

ベースとなったエンジンは元々ピックアップトラックの「ダッジ・ラム」に搭載されていたもので、当時クライスラーの子会社だったランボルギーニの手によって出力重視にチューンされた。

また、ランボルギーニは足回りにも手をつけており、ブレーキもV10のハイパワーに対応すべくブレンボを選定している。

デザイナーは日本人である。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジ・バイパーのページ> http://www.edo265.net/american/dodge03.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.27.2012

バイパー2代目 | Viper Phase II SR '96-2002

バイパー2代目 | Viper Phase II SR '96-2002

当初は8リッターV10、400hp(約406ps)
初代バイパーRT/10はオープンだったが、後にバイパーGTSというクーペモデル(450hp(約456ps)までパワーアップ)が追加された。

また、バイパーGTS-Rという名を与えられたレーシングカーがル・マン24時間やニュルブルクリンク24時間をはじめとするレースに次々に出場、優勝するなどポルシェ等の強豪を抑えた活躍を見せた。

そして、排気量を0.5L拡大させたバイパーVenom 600、Venom 600Rというモデルに加え、排気量はGTSそのままに、ツインターボで馬力、トルクをアップさせたVenom 800TTという初代バイパー最強モデルが存在する。

尚、Venomシリーズはすべてバイパーチューナーであるヘネシーモータースポーツ(Hennessey Motorsports)がチューンした改造車である。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジ・バイパーのページ> http://www.edo265.net/american/dodge03.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.26.2012

バイパー4代目 '08-10 | Viper Phase II ZB

バイパー4代目 '08-10 | Viper Phase II ZB

2008年モデルからはバイパーSRT-10・ACRというレーシーな仕様がオプションで選べるようになった。

 

ACRとは"American Club Racer"の略で、クライスラーのスポーツモデルに冠されるチューンブランドである。

従来のACRではベースモデルに対してパワー向上などのチューンが奢られるのが常であったが、元々バイパーSRT10は608psもの大出力を誇っていたため、動力性能的なアップデートはほとんど行われなかった。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジ・バイパーのページ> http://www.edo265.net/american/dodge03.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.25.2012

バイパー3代目 | Dodge Viper ZB '03-06

バイパー3代目 | Dodge Viper ZB '03-06

 

2003年にバイパーはモデルチェンジが行われ、バイパーSRT/10という二代目が登場している。

V型10気筒エンジンは8.3Lまでボアアップされ、パワーも510hp(約517ps)にまで高められている。

こちらもオープンとして登場したが、2006年にクーペが追加された。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジ・バイパーのページ> http://www.edo265.net/american/dodge03.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.24.2012

ダッジ・アベンジャー | Dodge Avenger 1995-現行

ダッジ・アベンジャー | Dodge Avenger 1995-現行

ストラトスに代わる、新しいセダンとして2008年に登場。

三菱・GSプラットフォーム(クライスラー・JSプラットフォーム)を採用し、エンジンは「ワールドエンジン」直4・2.4LおよびクライスラーオリジナルのV6・2.7L及び3.5L、直4・2.0Lディーゼルターボを用意。
これは「ジャーニー」(日本名・JC)と共通である。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge04.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.23.2012

ダッジ・マグナム 2代目 | Dodge Magnum [2004-2008]

ダッジ・マグナム 2代目 | Dodge Magnum [2004-2008]

マグナムの名を持つモデルは2種類存在する。
初代は1978年から1年間だけチャージャーの後継モデルとして生産された2ドアハードトップで、2代目は2004年から生産されたステーションワゴンである。

スタイルが大きくかけ離れた両者だが、どちらにも共通していることはチャージャーとプラットフォームを共有し、ハイパワーなエンジンの設定がある点である。

2004年に復活したマグナムであったが、2008年に300ツーリングへ一本化、販売の芳しくなかった北米ではマグナムの販売は終了した。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge04.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.22.2012

ダッジ・ナイトロ | Dodge Nitro (2007-2012)

ダッジ・ナイトロ | Dodge Nitro (2007-2012)

原型は、2005年のシカゴ・モーターショーに登場したコンセプトカー。ジープ・チェロキー(アメリカ国内ではジープ・リバティ)のコンポーネントを流用し、よりカジュアルに、より若者向けの設定がなされている。

好評を博したことからキープコンセプトのまま2006年(2007年モデル)より製造が開始。乗用車に近い感覚が受けて、ヒット作となった。


ボディサイズは全長4,543mm、全幅1,857mm、全高1,857mmと日本メーカーが製造する中型SUVと大差ない数値であり、いわゆる日本車キラーとも目される。
現実に、2007年より日本国内でも販売が開始され、販売数は目立たないものの、使い勝手や乗り心地、燃費などでの面で一定の評価を得ている。
北米地域では、コンポーネントの供給元であるチェロキーの方が売り上げが好調で逆にナイトロの方が販売不振が続き、2011年をもって生産が終了した。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge05.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.21.2012

SRT・バイパー (2012-) | SRT Viper 2012-現行

SRT・バイパー (2012-) | SRT Viper 2012-現行

2012年4月、ニューヨークモーターショーで後継モデル「SRT・バイパー」と上級モデル「SRT・バイパー GTS」が正式発表された。
ブランドはダッジからSRTに変更されたが、メカニズムやコンセプトは従来型のそれを受け継いだ。

搭載されるV10エンジンの排気量は8.4Lと先代から変更はないが、ピストン,インテークマニホールド,エギゾーストパイプなどに改良を施し、最高出力は640hp(約649ps)まで向上、最大トルクは813N・m(83kgf・m)で、自然吸気エンジンとして世界最大であると発表された。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジ・バイパーのページ> http://www.edo265.net/american/dodge03.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.20.2012

ダッジ・デュランゴ | Dodge Durango '98-03

ダッジ・デュランゴ | Dodge Durango '98-03

本国(アメリカ合衆国)では、ダッジ・ラムチャージャーの後継車種としてピックアップトラックベースのミッドサイズSUVとして導入されたが、後にフルサイズに移行した。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge05.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.19.2012

ダッジ・デュランゴ | Dodge Durango '04-09

ダッジ・デュランゴ | Dodge Durango '04-09

ダッジ・デュランゴ (Dodge Durango) は、アメリカ合衆国の自動車メーカークライスラーがダッジブランドで製造・販売しているフルサイズSUV。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge05.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.18.2012

ダッジ・デュランゴ 第3世代 | Durango 2011-現行

ダッジ・デュランゴ 第3世代 | Durango 2011-現行

3代目となる現行モデルからモノコックボディとなり、メルセデス・ベンツ GLクラスとプラットフォームを共有しているが、日本には正規輸入されていない。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge05.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.17.2012

ウィリス MB ジープ | Willys MB Jeep/ Ford GPW(1941-45)

ウィリス MB ジープ | Willys MB Jeep/ Ford GPW(1941-45)

ジープの名称は自然発生的なものであったが、第二次大戦後、製造メーカーのウィリス・オーバーランド社によって商標登録された。

その後は製造メーカーの合併や買収などで商標権は転々とし、2009年時点ではクライスラー社の保有するブランドとなっている。

第二次大戦型のオリジナル・ジープからデザインモチーフなどを引用したのみの現行モデルに至るまでその名称は継承されている。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ジープのページ> http://www.edo265.net/american/jeep.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.16.2012

ダッジ・ラム 3代目 | Dodge Ram [2002-07]

ダッジ・ラム 3代目 | Dodge Ram [2002-07]

この第三世代のラムはエンジン、トランスミッション、サスペンション、フレームなどを一新して投入された。
そのキャラクターアイコンとなっていた巨大なフロントグリルはさらに巨大になり、第二世代でつかんだ顧客の目をさらに釘付けとすることに成功した。

4輪駆動モデルの1500シリーズはフロントが独立懸架サスペンションになったものの、2500/3500シリーズはリジッドアクスルを踏襲した。
これは重量付加に対する耐久性を考慮したものである。

5.7L V8エンジンは、かつてのクライスラーの半球型燃焼室を持つ「Hemi」エンジンを改良した新世代Hemiとよばれる独特のエンジンとなり、このエンジン音を好むファンも多い。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge06.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.15.2012

ダッジ・ラム 第四世代 Dodge Ram [2008-現行]

ダッジ・ラム 第四世代  Dodge Ram [2008-現行]

デトロイトモーターショーで発表された第四世代のラムは 5.7 L HEMI V8 は 35hp のアップで 380hp になり(283kW)そのトルクは 404 ft·lbf (548 N·m)である。燃費も若干向上。

耐久性のために長年トラックのお決まりになっていたリーフ式サスペンションから、ハンドリング性能の追求のために5リンク式サスペンションに変更された。

デザインは先代よりもさらに直線的で角張ったものとなっている。またリアエンブレムは、「DODGE」の文字だけのものから、「DODGE」の文字が入ったダッジのロゴに変わった。

ライバルたちがディーゼルエンジンもV8であったなか、長年にわたり、カミンズの直6ディーゼル搭載車をラインナップし続けていたため、トレーラーの牽引用に購入する場合、カミンズエンジンにこだわるファンも多い。

攻撃的で、押しの強いフロントマスクが特徴で、若者に人気がある。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge06.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.14.2012

ダッジ・ダコタ | Dodge Dakota (1987-)

ダッジ・ダコタ | Dodge Dakota (1987-)

ダッジ・ダコタ(Dodge Dakota)は、クライスラーがダッジブランドで販売する、ミッドサイズピックアップトラックである。
ミッドサイズの中では大型のボディを持ち、唯一V型8気筒エンジンをラインナップに持つ。
これはかつて、ダコタよりも小さなピックアップのダッジ・ラム50があったためである。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge06.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.13.2012

ジープ・ラングラー2代目 | Jeep Wrangler TJ (1996-2006)

ジープ・ラングラー2代目 | Jeep Wrangler TJ (1996-2006)

1996年春に1997年モデルとして発売。ハンドリングなどが向上され、ヘッドライトの形状も円形に戻った。
また、日本仕様ではこのモデルから右ハンドルとなり、同時にオーストラリアやイギリスなどへも輸出が開始された。

エンジンは、チェロキーやグランドチェロキーにも搭載される直列6気筒 4L AMC 242エンジンを搭載し、2003年までは、直列4気筒 2.5L AMC 150エンジンが搭載され、2003年からはクライスラーの直列4気筒 2.4L DOHC ネオンエンジンが搭載された。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ジープのページ> http://www.edo265.net/american/jeep.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.12.2012

ACコブラ(1961年~1967年) | Ford/Shelby AC Cobra (AC Cars)

ACコブラ(1961年~1967年) | Ford/Shelby AC Cobra (AC Cars)

ACコブラ(AC Cobra)は1960年代を中心に製造されたイギリス及びアメリカ合衆国のスポーツカーである。

ル・マン24時間レースで使用されるサルト・サーキットにおいてのトップスピードの向上を図るため、ACシェルビーMK IIをベースにしたクーペの開発が行われた。
その中で最も有名なものはシェルビー・デイトナ・コブラ・クーペで、6台が製作され、フェラーリやポルシェなどのライバルを上回る大きな成功を収めた。

またAC自動車はル・マン・ク-ペ、JWAレーシングチームはウィルメント・コブラ・クーペを同様の手法により製作、実戦にも投入されたが、デイトナのような成功を得ることはなかった。

ACコブラ(1961年~1967年) | Ford/Shelby AC Cobra (AC Cars)


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<コブラのページ> http://www.edo265.net/american/others.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.11.2012

「ファクトリー・ファイブ・レーシング社」 | 1965 Factory Five Cobra Re-Creation

「ファクトリー・ファイブ・レーシング社」 | 1965 Factory Five Cobra Re-Creation

「ファクトリー・ファイブ・レーシング社」は、1995年にアメリカで設立されたキットカーメーカー。 


「ファクトリー・ファイブ・レーシング社」 | 1965 Factory Five Cobra Re-Creation

Factory Five Racing, Inc. (FFR) is an American automobile company that designs and manufactures assembly kits for replicars and sports cars.




◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<コブラのページ> http://www.edo265.net/american/others.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.10.2012

ジープ・パトリオット | Jeep Patriot 2007-現行モデル

ジープ・パトリオット | Jeep Patriot 2007-現行モデル

ジープ・リバティ(日本名ジープ・チェロキー)の1クラス下のモデルとして販売され、ジープとしては最も廉価である。なお、同クラスにはジープ・コンパスも存在する。

プラットフォームには、コンパスやダッジ・キャリバーと共通のクライスラー・MKプラットフォームが採用された。ただし、コンパスとは異なり、このモデルは本格的な悪路(オフロード)走行をも視野に入れたSUVである。

エンジンは、GEMAによって設計された2.4Lと2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジンを搭載し、豪州および欧州向けの輸出車両にはフォルクスワーゲン製の直4 2.0Lディーゼルエンジンも搭載される。
駆動方式は、前輪駆動のほか、「フリーダム・ドライブI」と、「フリーダム・ドライブII」の2種類の4WDシステムが用意される。

北米では「ペイトリオット」と発音する。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ジープのページ> http://www.edo265.net/american/jeep.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.09.2012

ダッジ・ジャーニー | Dodge Journey 2009-現行

ダッジ・ジャーニー | Dodge Journey 2009-現行

ジャーニーはミニバンの実用性とSUVの機能性を兼ね備えたミドルサイズの5ドアクロスオーバーワゴンで、アベンジャーと共通のプラットフォームを採用している。
全長 x 全幅 x 全高は4888 x 1835 x 1701mm。フロントグリルはダッジ特有の十字グリルとなっており、全体的にアベンジャーに近い雰囲気のデザインとなっている。

エンジンは2.4L直4DOHC「ワールドエンジン」と2.7LV6DOHC「LHエンジン」、3.5LV6SOHC「EGGエンジン」の3種類がラインナップされており、 駆動方式はFFと4WDで、4WDはV6を搭載した上級グレードのみにラインナップされている。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge06.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.08.2012

ジープ・ラングラー 3代目 | Jeep Wrangler JK 2007-現行

ジープ・ラングラー 3代目 | Jeep Wrangler JK 2007-現行

4ドアモデルは、2ドアモデルよりもホイールベースが延長されており、先代同様、「アンリミテッド」として販売される。

エンジンは、クライスラーのV型6気筒 3.8L EGHエンジンが搭載される。
また、アメリカ国外(主に欧州)では、アメリカ国内の排出ガス基準に適合しない、VMモトーリの直列4気筒 2.8L ターボディーゼルエンジンが搭載される。

なお、このエンジンはジープ・リバティにも搭載される。トランスミッションは、6速マニュアルトランスミッションが標準で、4速オートマチックトランスミッションがオプションで用意される。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ジープのページ> http://www.edo265.net/american/jeep.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.07.2012

ホールデン・エフィジー・コンセプト | Holden Efijy Concept

ホールデン・エフィジー・コンセプト | Holden Efijy Concept

ホールデン(Holden )は、オーストラリアの自動車メーカーであり、ゼネラルモーターズ傘下ということもあってGMHやGMホールデンと呼ばれることがある。


The Holden 48-215, also known unofficially as the Holden FX is a mid-size, six-cylinder sedan which was produced by the Australian automaker, General Motors–Holden's Ltd between November 1948 and October 1953. The 48-215 are first vehicle from Holden.



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ホールデンのページ> http://www.edo265.net/american/others.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.06.2012

ジープ・コンパス | Jeep Compass (2007-現行)

ジープ・コンパス | Jeep Compass (2007-現行)

公道での走行を主にする、ジープへのエントリー者向けの車両として販売されており、オフロード向けではなく、悪路走破性能も他のジープ車に劣っている。
そのため、トレイルレイテッドバッジも付けられていない。
なお、このモデルはトレイルレイテッドバッジが付けられない最初のジープ車である。

プラットフォームには、ジープ・パトリオットと共通のクライスラー・MKプラットフォームが採用された。

他のジープを踏襲したスタイリングのジープ・パトリオットとは異なり、トヨタ・マトリックスに対抗したハッチバックスタイルのスポーティーなデザインがなされている。

エンジンは、GEMAによって設計された直列4気筒 2.4Lエンジンと2Lエンジンが採用され、豪州および欧州向けの輸出車両にはフォルクスワーゲン製の2Lディーゼルエンジンも搭載される。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ジープのページ> http://www.edo265.net/american/jeep.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.05.2012

シボレー・シルバラード 初代|Chevrolet Silverado 1999-2007

シボレー・シルバラード 初代|Chevrolet Silverado 1999-2007

C/Kシリーズの後継として登場。デザインはC/Kシリーズを強く受け継いだものだったが、ボディは丸みを帯びた。

C/Kと同様に「CHEVROLET」と後ろに大きく書かれたデザインの仕様も多い。

プラットフォームはGMT800系が採用されている。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet011.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.04.2012

ジープ・ワゴニア | Jeep Wagoneer (The AMC years) (1970-85)

ジープ・ワゴニア | Jeep Wagoneer (The AMC years) (1970-85)

未だに根強い人気を誇るクラシカルなウッディワゴン

ワゴニアがグランドワゴニアに名称変更されたのは84年から。
79年の第二次オイルショックを経て、当時のジープブランドのオーナーであるAMC(アメリカン・モータース・カンパニー)が、「これからはコンパクトSUVの時代」と判断。
ビッグチェロキーをスモールチェロキーにスイッチしたのだ。
そしてそれに伴い、スモールチェロキーの高級車版ワゴニアをラインナップ。
そのためそれまでのワゴニアにグランドワゴニアという名前が付けられた。
といったストーリーを経て、グランドワゴニアは87年にクライスラーが親会社となり、91年に生産を終了したのである。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ジープのページ> http://www.edo265.net/american/jeep02.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.03.2012

ジープ・グランドチェロキー4代目 | Jeep Grand Cherokee WK (2010-)

ジープ・グランドチェロキー4代目 | Jeep Grand Cherokee WK (2010-)

ダイムラー・クライスラー時代に開発がスタートした関係で、プラットフォームなどのハードウェアの約30%をメルセデス・ベンツ Mクラス(2代目、W164型)と共用。
同時に、ダイムラーから技術関与を受ける最後の車両でもある。

新設計の4WDシステム「クォドラトラックII」や「セレクテレインシステム」の採用などに加え、ジープ初のエアサスペンションとリヤにマルチリンクを備えた4輪独立懸架式サスペンションを採用したことで、オンロードでの性能も大幅に向上。


ジープ・グランドチェロキー4代目 | Jeep Grand Cherokee WK (2010-)

    エンジンはV8/5.7L・HEMIや6.4L・HEMIの設定もあるが、販売の主力となるモデルは可変バルブ機構を備えた3.6LのV6・DOHCに換装された。
最高出力286PS、最大トルク35.4kg-mを発生するこのユニットは、従来の4.7L・V8をパワーで55PS上回る一方、約10%の燃費向上を果たしている。トランスミッションは5ATを継承。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ジープのページ> http://www.edo265.net/american/jeep02.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.02.2012

ホールデン・ステーツマン (Buick Royaum) 2005-現行

ホールデン・ステーツマン (Buick Royaum) 2005-現行

ホールデン・ステーツマンは2005年から韓国および中国への輸出が開始され、それぞれGM大宇・ステーツマン、ビュイック・ロワイヨム (ROYAUM) の名称で販売された。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ホールデンのページ> http://www.edo265.net/american/others.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

11.01.2012

シボレー・マリブ | Chevrolet Malibu 1997-現行モデル

シボレー・マリブ | Chevrolet Malibu 1997-現行モデル

元々は1964年に登場したシェベルの上級グレードの名称であったが、

1978年にシェベルの生産を終了後はセダンの名称として独立し、途中の中断はあるが、現在まで引き継がれている。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet007.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/