10.27.2012

パッカード・クリッパー | Packard Clipper(1941-57)

 
 
パッカード・クリッパー | Packard Clipper(1941-57)

パッカード(Packard )はかつてアメリカ合衆国に存在した自動車メーカー。
20世紀初頭に創業、高精度・高品質を備える優れた高級車を生産し、「その良さは持ち主に訊け」("Ask the Man Who Owns One.")というキャッチコピーと共に名声を得た。
 第二次世界大戦以前は同じくアメリカのキャデラック、ヨーロッパのロールス・ロイスやデイムラー、イスパノ・スイザ、メルセデス・ベンツなどと並び、 世界を代表する名門高級車メーカーであった。

パッカード・クリッパー | Packard Clipper(1941-57)

クリッパーは1947年まで生産されたが、登場時は革新的なスタイルだったクリッパーもこの頃にはさすがに古さを感じさせるようになり、1948年型では 大規模なマイナーチェンジで大幅なイメージチェンジを図った。
実際のデザイン作業を行ったのは1841年以来パッカードのボディ製作を請け負っていたブリッジス社である。
また、このモデルからステーションワゴンとコンバーチブルが新たに加わった。
しかし、それでも、いち早く戦後型にモデルチェンジした他社の新型車に比べると見劣りがし、3年後の1951年型で戦後初めてフルモデルチェンジした。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<パッカード・クリッパーのページ> http://www.edo265.net/american/others2.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

0 件のコメント:

コメントを投稿