2.12.2013

シボレー・ベルエアー 5-6代目

シボレー・ベルエアー 5-6代目

1959年、シボレーはインパラを最上級、ベル・エアーを中間モデルと位置づけた。

デルレイの製造が中止されたが、ビスケインは最安価なフルサイズ・モデルとして製造が継続された。また、多くのオプションとアクセサリーがインパラとベル・エアーの間で共用できた。
         

1960年代後半、ベル・エアーとビスケインは概ね多くの車を所有する会社などに販売された。

しかし、ベル・エアーは格下のビスケインよりも、基本に忠実で、無駄な飾りがないフルサイズの車を欲する個人のユーザーにも販売されていた。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

0 件のコメント:

コメントを投稿