12.12.2011

オールズモビル・トロネード 初代 | Oldsmobile Toronado (1966-70)

オールズモビル・トロネード 初代 | Oldsmobile Toronado (1966-70)

"トロネード(Toronado)"という名称には特別な意味は無く、元々は1963年のシボレーのコンセプトカーのために考え出された名前であった。


フォード・サンダーバードやビュイック・リヴィエラと直接競合するオールズモビルのフルサイズのスペシャリティカーとして企画されたトロネードは、1937年のコード(Cord)以来途絶えていたアメリカ合衆国で大規模に量産された最初の前輪駆動(FWD)車として歴史的に記憶されている。

トロネードは構造的に1966年の後輪駆動のビュイック・リヴィエラと翌年のキャデラック・エルドラド(Cadillac Eldorado)と関連を持っていたがスタイリングは全く異なっていた。

トロネードはリヴィエラとエルドラドとはその28年間の歴史でEボディ(E-body)・プラットフォームを共有し続けたが、ビュイック・リヴィエラは1979年モデルまで前輪駆動に転換しなかった。

        
  • 第1世代 1966年 - 70年
    初代のトロネードは1962年にオールズモビルのデザイナーのデビッド・ノース(David North)が描いたスケッチから始まった。彼のデザインは小型のスポーツ/パーソナルカーで"フレームレッドカー(Flame Red Car)"と呼ばれ、生産は考えられていなかった。


  • ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <オールズモビルのページ> http://www.edo265.net/american/oldsmobile.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    0 件のコメント:

    コメントを投稿