5.31.2012

ポンティアック・ボンネビル 3-4代目 | Pontiac Bonneville (1961-70)

ポンティアック・ボンネビル 3-4代目 | Pontiac Bonneville (1961-70)

6.4-7.5リッターV8エンジン・FRレイアウト・Bボディのマッスルカーだで~!


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac002.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

5.30.2012

リンカーン・コンチネンタル 2-4代目 | Lincoln Continental Mark II/ III/ IV/ V (1956-69)

リンカーン・コンチネンタル 2-4代目 | Lincoln Continental Mark II/ III/ IV/ V (1956-69)

戦後設計のリンカーンの中には伝統あるコンティネンタルの名称が消滅していたが、この背景にはリンカーン・マーキュリー部門の新たな戦略があった。

1954年、リンカーンはその内部に新たにコンティネンタル・ディビジョンを創設、“コンティネンタル”の名に相応しいスーパープレミアムモデルの生産を計画することとなったのである。

こうして1956年モデルとしてコンティネンタル・マークIIは復活した。

ボディバリエーションはホイールベース126インチの2ドアハードトップクーペのみ。

その製作には熟練の職人が携わるというハンドメイドカーであり、現場には徹底的な品質管理が貫かれていた。

エンジンは368CI(300PS)V型8気筒OHVである。

コンティネンタル・マークIIは事実上、リンカーンにおける最後のハンドメイドによるコーチビルドモデルとなった。

その豪華かつ繊細なデザインは、一連のテールフィンブームからは一線を画していた感があり、充実していた装備もあって、通常のリンカーンが5000ドル以下だった時代に、その価格は1万ドルにも達していた。

しかし志の高さと商売はまた別。結局、そのプレステージ性こそ多くの賞賛の的となったものの販売的には失敗、わずか3年でコンティネンタル・ディビジョンは解散となり、マークIIもまた2年間だけ生産されただけで消え去っていった。 



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<リンカーンのページ> http://www.edo265.net/american/lincoln02.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

5.29.2012

ポンティアックGTO 初代(1964-1967年)

ポンティアックGTO 初代(1964-1967年)

古典的なマッスルカーの代表カー

マッスルカーというカテゴリーを成立された第一世代のアメリカ車としても認知されている。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac003.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

5.28.2012

ポンティアックGTO 2代目(1968-1972年)




ポンティアックGTO 2代目(1968-1972年)


ポンティアックGTO 2代目(1968-1972年)

第2世代 The Judge(ジャッジ)はビビッドなカラーリングとクールなロゴステッカー、そして当時としては巨大なリアスポイラーが特徴のハイパワー車であった。

  • ジャッジの名の由来は娯楽番組en:Rowan & Martin's Laugh-In内のコメディ・ルーチン"Here comes The Judge"が語源である。当時番組内で判事を演じたのは伝説的なショーマンであるサミー・デイヴィスJr.であり、それ以前にはこのネタは名コメディアンDewey "Pigmeat" Markhamによって長く演じられた、ローティーンに馴染みの深い言葉でもあった。広告では「(若者よ)ジャッジのために立ち上がれ」や、「誰でも買えるジャッジ」というようなスローガンが使われた。


  • ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac003.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.27.2012

    ポンティアック・ボンネビル 8-9代目 | Pontiac Bonneville (1987-99)

    ポンティアック・ボンネビル 8-9代目 | Pontiac Bonneville (1987-99)

    ダウンサイズ(小さくなって) V6・3.8リッター・FFになりました。

    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac002.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.26.2012

    ポンティアックGTO 4代目(2004-2006年)

    ポンティアックGTO 4代目(2004-2006年)

    2004年、ポンティアック・GTOは30年ぶりにアメリカで復活した。


    新時代のGTOはホールデン・モナーロのGM V-ボディをベースにしていた。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac003.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.25.2012

    ポンティアック・グランプリ 3-4代目('73–87) | Pontiac Grand Prix(1973-1987)

    ポンティアック・グランプリ 3-4代目('73–87) | Pontiac Grand Prix(1973-1987)

    ラグジュアリーだぜ! スポーツクーペだで~


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac004.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.24.2012

    ポンティアック・グランプリ 5-6代目 | Pontiac Grand Prix(1988-2003)

    ポンティアック・グランプリ 5-6代目 | Pontiac Grand Prix(1988-2003)

    「気難しい高級車より、私はポンティアック・グランプリ!」


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac004.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.23.2012

    ポンティアック・グランプリ 7代目 | Pontiac Grand Prix(2004-2008)

    ポンティアック・グランプリ 7代目 | Pontiac Grand Prix(2004-2008)

    ポンティアック・グランプリの最終モデルとなりました。(後継はポンティアック・G8です。)


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac004.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.22.2012

    ポンティアック・グランダム 初代-2代目 | Pontiac Grand Am (1973-80)

    ポンティアック・グランダム 初代-2代目 | Pontiac Grand Am (1973-80)

    ポンティアックの大衆車にしてコンパクトカー、グランダム。ってV8・6.5-7.4リッターじゃん!?


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac005.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.21.2012

    ポンティアック・グランダム 3-4代目 | Pontiac Grand Am (1985-98)

    ポンティアック・グランダム 3-4代目 | Pontiac Grand Am (1985-98)

    ビルト・フォ・キックス、ビルト・フォ・キープス!

    「いろいろオプションも揃ってまっせ。お近くのディーラーまでお越しやす~」


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac005.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.20.2012

    ポンティアック(グランド)ルマン | Pontiac LeMans (1962-81)

    ポンティアック(グランド)ルマン | Pontiac LeMans (1962-81)

    ポンティアック・ルマンといえば、映画「トランザム7000」に出てきたあのジャスティス シェリフの乗っていたパトカーです。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac005.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.19.2012

    ポンティアック・グランビル | Pontiac Grand Ville (1971-75)

    ポンティアック・グランビル | Pontiac Grand Ville (1971-75)

    ボンネビルより上級版として“グラン・ビル”が登場!


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac005.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.18.2012

    リンカーン・タウンカー | Lincoln Town Car 3代目 (1998-2011)

    リンカーン・タウンカー | Lincoln Town Car 3代目 (1998-2011)

    最高級車らしく、以前はフランスの宝石商のカルティエや、アメリカのファッションデザイナーのビル・ブラス、イタリアのファッションデザイナーのエミリオ・プッチなどと提携し、これらのデザイナーやブランドが内外装のデザインに手を加えた「デザイナー・シリーズ」が存在したが、現在は提携はせずにグレード名の一つに名を残している。


    タウンカーの車体サイズはアメリカ製セダンの中でも最大の部類のフルサイズに属する。
    オイルショック以降、キャディラックやクライスラーなどの競合車種の多くが、ダウンサイジングとFF化を敢行した中、フォードのみは、昔ながらのはしごフレームとFRを固持した。

    このシャシはパンサープラットフォーム (Ford Panther platform) と呼ばれ、フォードのハイエンド車種で30年以上の長きにわたって使われ続けているが、技術的には決してハイエンドではなく、登場当時ですら旧態化のそしりは免れなかった。重量、ねじり剛性、音振(おとしん=騒音・振動の略)など、操縦安定性と居住性のすべての面でモノコック構造に対して劣勢となるが、アメリカの保守層(米保険会社の調査では、共和党支持者とほぼ一致するとしている)には根強い人気があり、結果的に、古き良き時代のアメリカ車の乗り味を今に伝える存在となっている。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <リンカーンのページ> http://www.edo265.net/american/lincoln03.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.17.2012

    ポンティアック・グランダム 5代目 | Pontiac Grand Am (1999-2005)

    ポンティアック・グランダム 5代目 | Pontiac Grand Am (1999-2005)

    ポンティアック・グランダムはこの5代目が最終モデルとなりました。(後継は、ポンティアック・G6(6代目という意味もあるようです。))


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac005.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.16.2012

    ポンティアック・ファイアーバード/トランザム 2代目 | Pontiac Firebird/ Trans Am (1970-81)

    ポンティアック・ファイアーバード/トランザム 2代目 | Pontiac Firebird/ Trans Am (1970-81)

     

    第2世代のファイヤーバードは1970年の2月に登場。第1世代のコークボトル・スタイルを廃し、リアウィンドウのトップから トランクリッドにほぼ直線に流れるラインが特徴。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac006.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.15.2012

    ポンティアック・ファイアーバード/トランザム 3代目 | Pontiac Firebird/ Trans Am (1982-92)

    ポンティアック・ファイアーバード/トランザム 3代目 | Pontiac Firebird/ Trans Am (1982-92)

    第3世代ファイヤーバードは1982年に登場。先代より軽量になり、アクが薄まり洗練されたデザインとなった。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac006.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.14.2012

    ポンティアック・ファイアーバード/トランザム4代目('93-2002) | Pontiac Firebird/ Trans Am

    ポンティアック・ファイアーバード/トランザム4代目('93-2002) | Pontiac Firebird/ Trans Am

    1994年に登場した第4世代のF-ボディは、先代よりも更にエアロ・ダイナミクスに磨きがかけられた。


      コルベットC5のV8(5.7L)アルミニウム・エンジンから、305馬力(2000年以後の310)またはWS-6ラム・エアー・バージョンで320馬力(2000年以後の325)を生じ、この第4世代のファイヤーバードは、マッスル・カーのファイヤーバードを含む、他のどの世代よりも高性能であった。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac006.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.13.2012

    ポンティアック・ソルスティス | Pontiac Solstice (2006-2009)

    ポンティアック・ソルスティス | Pontiac Solstice (2006-2009)

    ポンティアックのロードスター! 2.0~2.4リッター・直4 DOHC・18インチホイール・GMカッパプラットフォームFR...だでー!!



    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac007.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.12.2012

    ポンティアック・バイブ | Pontiac Vibe '03-10

    ポンティアック・バイブ | Pontiac Vibe '03-10

    ポンティアック・バイブは、トヨタとGMの提携モデルとして共同開発されたクルマです。


    GMが製作、トヨタが販売を行ったシボレー・キャバリエの販売不振を受けて、開発段階から両社合同で行い2002年にデビュー。

    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac007.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.11.2012

    リンカーン・アビエーター | Lincoln Aviator (2002-2005)

    リンカーン・アビエーター | Lincoln Aviator (2002-2005)

    リンカーン・ナビゲーターのヒットに気を良くしたフォードは、二匹目のドジョウを狙ってフォード・エクスプローラーをベースにアビエーターを開発し2003年に発売したが、既に高級ミッドサイズSUV市場の趨勢はレクサス・RXやインフィニティ・FXなどのクロスオーバー型SUVに傾いていたこともあってナビゲーターのような成功を収めることができず、モデル打ち切りが噂された。


    このためフォードは2004年のデトロイト・モーターショーでクロスオーバー型のマツダ・CX-7の姉妹車といえる「アビエーター・コンセプト」を出展して次期モデルの投入を予告した。 そして2006年1月、その市販モデルが姉妹車のフォード・エッジとともにデトロイト・モーターショーで発表された。
    しかし、車名はアビエーターではなくMKXと改められた。
    これはリンカーンのブランド戦略の変更により、ペットネームの代わりにアルファベットまたは数字の組み合わせで車名を表すことになったためである。
    なお、現行のアビエーターは2005年をもって生産を終了している。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <リンカーンのページ> http://www.edo265.net/american/lincoln03.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.10.2012

    ポンティアック・サンファイア | Pontiac Sunfire (1995-2005)

    ポンティアック・サンファイア | Pontiac Sunfire (1995-2005)

    1995年にキャバリエと同じ設計で作られたコンパクトカー。

    ポンティアック伝統のスプリットグリルを付けているフロントマスクが特徴的である。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac007.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.09.2012

    リンカーン・ナビゲーター 初代-第2世代 | Lincoln Navigator (1998-2006)

    リンカーン・ナビゲーター 初代-第2世代 | Lincoln Navigator (1998-2006)

    リンカーン・ナビゲーターは、フォード・エクスペディションをベースとして開発されたナビゲーターは1998年にデビューし大ヒットを記録。2001年にはアメリカの大型SUV市場の実に4割がナビゲーターによって占められていた。


    ナビゲーターのヒットに気を良くしたフォード社は、高級ピックアップのブラックウッドと高級ミッドサイズSUVのアビエーターを相次いで投入したが、いずれも失敗に終わっている。
    ナビゲーターは2003年に2代目に移行。さらに2006年2月のシカゴ・モーターショーでフェイスリフト版が発表され、新たにロングボディ版も追加された。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <リンカーンのページ> http://www.edo265.net/american/lincoln03.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.08.2012

    ポンティアック・G5 | Pontiac G5(2005-09)

    ポンティアック・G5 | Pontiac G5(2005-09)

    シボレー・コバルトの兄弟車にあたり、シャシー のベースはオペル・アストラです。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac008.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.07.2012

    ポンティアックG8 | Pontiac G8 (ホールデン・コモドアのバッジエンジニアリング)

    ポンティアックG8 | Pontiac G8 (ホールデン・コモドアのバッジエンジニアリング)

     

    ポンティアックはオーストラリアのGM子会社、ホールデンの開発による新型「GTO」(ホールデン・モナーロの兄弟車)クーペや、 自社の上級セダンの「ボンネビル」から「G8シリーズ」(同・コモドアの兄弟車)への代替で スポーティイメージの維持を図った。



    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac008.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.06.2012

    ポンティアックG6 | Pontiac G6(2005-2010)

    ポンティアックG6 | Pontiac G6(2005-2010)

    ミディアムサイズのボディながら、ロングホイールベースでクラスを超えた広いインテリアを実現したG6にクーペとコンバーティブルが加わった。

    240馬力の3.9リッターV6を搭載するGTPグレードは、セダン/クーペ/コンバーティブルのすべてに用意される。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac008.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.05.2012

    ポンティアック・アズテック | Pontiac Aztek(2001-2005)

    ポンティアック・アズテック | Pontiac Aztek(2001-2005)

    アメリカ市場におけるSUV人気を受けて、2002年にはポンティアック初のSUV車の「アズテック」を導入!

    同車は、その特異なデザインが市場の反感を買い、イギリスの大衆紙である「デイリー・テレグラフ」が2008年8月に発表した「史上最も醜い車100選」の1位に選ばれた。



    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac008.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.04.2012

    GMC・エンボイ | GMC Envoy 1998-2009

    GMC・エンボイ | GMC Envoy 1998-2009

    エンボイの車名は最初は1998年モデルイヤーにシボレー・ブレイザーのGMC版であるジミーの豪華版グレードとして登場。


    エンジンは直列6気筒4.2LとV型8気筒5.3Lの2種類であった。V8はXLおよびデナリに搭載され、2005年から気筒休止機構が付けられた。

    直6 4.2Lエンジンは2002年から2005年までテン・ベスト・エンジンに選出された。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <GMCのページ> http://www.edo265.net/american/gmc.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.03.2012

    GMC・ユーコン3代目 | GMC Yukon 2007-現行モデル

    GMC・ユーコン3代目 | GMC Yukon 2007-現行モデル

    標準ボディとロングボディ(ユーコンXL)の2種類が存在し、それぞれシボレー・タホとシボレー・サバーバンのリバッジ車である。


    シボレー版にはないGMC版の大きな特徴として高級グレード「デナリ」の設定があるが、ユーコンはデナリの名称が最初に導入された車種でもある。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <GMCのページ> http://www.edo265.net/american/gmc.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.02.2012

    GMC・キャニオン 初代 | Canyon 2004-2012

    GMC・キャニオン 初代 | Canyon 2004-2012

    ミッドサイズピックアップトラック。シボレー・コロラド (Chevrolet Colorado)は、シボレー・S-10の後継として、2004年モデルから発売を開始。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <GMCのページ> http://www.edo265.net/american/gmc.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    5.01.2012

    サターン スカイ | Saturn Sky 2007-2009

    サターン スカイ | Saturn Sky 2007-2009

    サターンでは初めて、かつ唯一のオープン2シーター車であった。

    兄弟車として、同じくGMのポンティアック・ソルスティスがあった。


    エンジンは2.4Lと2.0Lターボの2種類。2.0Lのターボエンジンは260馬力を誇る。駆動系は後輪駆動。屋根は電動ソフトトップが標準装備、トランスミッションは5速MTと5速ATの2種類から選ぶことができた。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <サターンのページ> http://www.edo265.net/american/saturn.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/