3.12.2013

クライスラー・ニューポート 6-7代目 | Chrysler Newport (1974-'81)

クライスラー・ニューポート 6-7代目 | Chrysler Newport (1974-'81)

クライスラーのフルサイズ各モデルは、1974年にフルモデルチェンジを実施した。車種バリエーションは下からニューポート、ニューポート・カスタム、ニューヨーカー、ニューヨーカー・ブロアム、そしてステーションワゴンのタウン&カントリー。

標準エンジンはニューポート&ニューポート・カスタムが185psを発生する400CI。ニューヨーカー、ニューヨーカー・ブロアム、タウン&カントリーが230psの440CI。
いずれも標準は2バレルキャブレターだが、オプションで4バレルキャブレター・キットが用意されていた。
また特殊な装備としてニューポート系には200psの360CI(スモールブロック)もノーコストオプションで用意されていた。これはビッグブロックの燃費の悪さを嫌っていた人向けの措置だったといっていい。
クライスラーのフルサイズはまず1975年にニューヨーカーを、続いて1977年にはニューポート・カスタムを、さらに1978年にはタウン&カントリーを整理し、1979年からは新型シャシーのRボディへフルモデルチェンジされた。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<クライスラーのページ> http://www.edo265.net/american/chrysler.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

0 件のコメント:

コメントを投稿