3.19.2012

フォード・Fシリーズ10代目 1997-2003

フォード・Fシリーズ10代目 1997-2003

大きく丸みを帯びたボディが特徴。当時は、この斬新なデザインが話題を呼んだ。

1999年モデルで、F-250、F-350が、スーパーデューティーとして独立。以降は、一般的なF-150とは別設計になる。

2001年モデルで、フレアーサイド仕様にF-150初のクルーキャブ仕様が登場。
オートバイメーカーのハーレーダビッドソンや、テキサス州のキングランチ牧場とタイアップしたモデルなど多彩なモデルが登場し、11代目にも受け継がれている。その一方で衝突安全性が著しく低い事が実証されている。

2001年スポーツカー顔負けの動力性能を持つハイパワーピックアップの人気を受け、F150をベースにしたスポーツモデル、SVTライトニングを発表した。
V8インタークーラースーパーチャージャーエンジンを搭載し、当初は360ps、最終的に385psを発揮した。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<フォードのページ> http://www.edo265.net/american/ford012.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

0 件のコメント:

コメントを投稿