3.31.2012

エクスペディション | Ford Expedition (2006-現行)

エクスペディション | Ford Expedition (2006-現行)

2006年(07MY)フロントマスクを中心に大幅にデザイン変更された。

基本ボディは2代目と共通であり、実質的にはビッグマイナーチェンジであるが、3代目という解釈もある。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<フォードのページ> http://www.edo265.net/american/ford011.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.30.2012

マーキュリー・クーガー | Mercury Cougar(1967-2002)

マーキュリー・クーガー | Mercury Cougar(1967-2002)

マーキュリー・クーガーは、フォード・マスタングのメカニカルコンポーネンツを使って67年から製作された、マーキュリーのスポーツスペシャルティー・コンパクトカー。

ホイールベースは111インチとマスタングより3インチ長く、特定のグレードを持たなかったマスタングに対してGT/XR-7という、それぞれスポーツ/スポーティーエレガンスというべきグレードが最初から用意されていたのが特徴であった。

基本的には4つのバケットシートを標準に持つ4シーターだが、ごく少数ながらフロントベンチシートを持つものもオプションとして存在した。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<マーキュリーのページ> http://www.edo265.net/american/mercury02.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.28.2012

マーキュリー・モナーク | Mercury Monarch(1975-1980)

マーキュリー・モナーク | Mercury Monarch(1975-1980)

フォード・マーベリック4ドアセダンとフロアパン&シャシーコンポーネンツを共用するホイールベース109.9インチのコンパクトセダン。

フォードにおけるグラナダに相当するフォーマル色が比較的強いセダンだった。

ボディバリエーションは2ドア/4ドアセダン。

それぞれに上級グレードの“ギア”が用意されていたのもグラナダと同じである。

エンジンは200CI(75PS)の直列6気筒OHVを標準に250CI(72PS)直列6気筒OHV(ギアに標準)、302CI(129PS)V8、351CI(154PS)V8という合計3種類のエンジンをオプション設定していた。

これらのV8はグラナダに設定されていたものよりわずかに最高出力が高かったのが特徴である。

モナークには最上級のグランドギアパッケージやスポーティーグレードの“S”パッケージなどが用意されていたが、いずれもマイナーな存在だった。

1978年モデルからは“ESS”という新たなスポーティーグレードも追加しているが、これはグラナダと同じである。

1981年、フォード・グラナダはシャシーをフェアモント・ベースの105.5インチへとダウンサイジングを受けたが、これはモナークに引き継がれることはなくモナークは1980年モデルを最後に整理された。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<マーキュリーのページ> http://www.edo265.net/american/mercury02.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.27.2012

クライスラー・ニューヨーカー 6-7代目 | Chrysler New Yorker (1965-73)

クライスラー・ニューヨーカー 6-7代目 | Chrysler New Yorker (1965-73)

1973年の第一次石油危機前に、燃費性能をあまり気にせず開発された、最後のフルサイズカーとなった。

1976年には中止されたクライスラー・インペリアルのコンシールド型ヘッドライトを持つ外観デザインを譲り受け、リンカーン・コンチネンタルやキャデラック級の、クライスラー最上級車種となった。


石油危機以降、ライバルはダウンサイジング化やキャデラック・セビルやリンカーン・ヴェルサイユなど小型ながら高級なモデルの追加投入を行っていたが、クライスラーはこうした対応に立ち遅れ、経営危機を招いた。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<クライスラーのページ> http://www.edo265.net/american/chrysler02.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.26.2012

マーキュリー・モンテゴ | Mercury Montego 1968-1976

マーキュリー・モンテゴ | Mercury Montego 1968-1976

フォード・フェアレーンおよびトリノ系とシャシープラットフォームを共用していた、マーキュリーのインターミディエートクラスにおける主力モデル。

ホイールベースはセダン系が117インチ、ワゴンが114インチである。

メカニズム的にはフェアレーン/トリノと同じだったが、内外装により高級感のある味付けが施されていた。

ボディバリエーションは4ドアセダン、2ドア/4ドアハードトップ、5ドアワゴン。

グレードは下からモンテゴ、モンテゴMX、モンテゴMXブロアムとなっていた。


標準エンジンは250CI(155PS)の直列6気筒OHV。
オプションとして351CI(250/300PS)、429CI(360PS/370PS/375PS)の各V型8気筒が用意されていた。
これらの中で370PSはいわゆるコブラジェット、375PSの429CIはドラッグパックオプション専用のスーパーコブラジェットである。
これらには外気導入エアクリーナーを装備したラムエア仕様も選択することができた。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<マーキュリーのページ> http://www.edo265.net/american/mercury03.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.24.2012

シボレー・シェベル・マリブ 初代-2代目 | Chevrolet Chevelle Malibu (1964-72)

シボレー・シェベル・マリブ 初代-2代目 | Chevrolet Chevelle Malibu (1964-72)

シボレーシェベルとして1964年に登場。セダン、ステーションワゴン、クーペ、コンバーチブルと幅広いバリエーションを展開するとともに、スタイリッシュかつ機能的なコンセプトが受け、爆発的に売れた。クーペには高出力モデルの「SS」も用意された。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet002.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.23.2012

エクスカーション | Ford Excursion (2000-2005)

エクスカーション | Ford Excursion (2000-2005)

フォード・スーパーデューティーをベースとするSUV。

 全長 5758mm、全幅 2032mm(2000-01年モデル)、2029mm(2002-05年モデル)であり、SUVの中で最も大型のカテゴリーに属する。

その部品の大部分をスーパーデューティーと共用する

搭載エンジンは、ガソリンが5.4ℓトライトンV8または6.8ℓトライトンV10、ディーゼルは、6.0ℓパワーストロークV8または7.3 LパワーストロークV8

2005年に生産が打ち切られた。実質的な後継車はエクスペディションEL。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<フォードのページ> http://www.edo265.net/american/ford011.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.22.2012

シボレー・インパラ 初代-3代目 | Chevrolet Impala (1958-64)

シボレー・インパラ 初代-3代目 | Chevrolet Impala (1958-64)

1958年型シボレーの最上級グレード「ベルエア」に「インパラ・スポーツ・パッケージ」という名のスペシャルパッケージが設定された。


ボディタイプは2ドアハードトップクーペと2ドアコンバーチブルのみということから、1956年にクライスラーのブランドであるプリムスが当時の最高級フルサイズであった「ベルベディア」の「スポーツ・クーペ」モデルをベースにさらに高級化させ販売したスペシャリティー・2ドア・ハードトップ「フューリー」への対抗と考えられる。

 ベルエアとの相違点は3連テールランプ、ルーフ後端のエアアウトレット(ダミー)左右クォーターのエアダクト風モール等。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet003.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.20.2012

シボレー・ノヴァ(シェビーII) 初代&2代目 | Chevrolet Chevy II / Nova [1961年-'67年]

シボレー・ノヴァ(シェビーII) 初代&2代目 | Chevrolet Chevy II / Nova [1961年-'67年]

1961年にシボレーのコンパクトカーとしてデビューする。当時ヒットしていたコンパクトカーであるフォード・モーターのファルコンに対抗して企画された。


当初はコルベットと同じV8エンジンを搭載していたことや、ハイパフォーマンススポーツの「SS(Super Sports)」などが設定されていたおかげでヒットを飛ばすが、シボレー・カマロなどとの競合や度重なるオイルショックの影響によって徐々に販売を落としてゆき、1979年まで製造された後、一旦はシリーズを終了する。

なお本車はデビュー当初から1968年までは「シェビーII」を名乗っており、「ノヴァ」は2代目までシェビーIIのグレード名のひとつに過ぎなかった。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet002.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.19.2012

フォード・Fシリーズ10代目 1997-2003

フォード・Fシリーズ10代目 1997-2003

大きく丸みを帯びたボディが特徴。当時は、この斬新なデザインが話題を呼んだ。

1999年モデルで、F-250、F-350が、スーパーデューティーとして独立。以降は、一般的なF-150とは別設計になる。

2001年モデルで、フレアーサイド仕様にF-150初のクルーキャブ仕様が登場。
オートバイメーカーのハーレーダビッドソンや、テキサス州のキングランチ牧場とタイアップしたモデルなど多彩なモデルが登場し、11代目にも受け継がれている。その一方で衝突安全性が著しく低い事が実証されている。

2001年スポーツカー顔負けの動力性能を持つハイパワーピックアップの人気を受け、F150をベースにしたスポーツモデル、SVTライトニングを発表した。
V8インタークーラースーパーチャージャーエンジンを搭載し、当初は360ps、最終的に385psを発揮した。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<フォードのページ> http://www.edo265.net/american/ford012.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.16.2012

シボレー・セレブリティ | Chevrolet Celebrity(1982-90)

シボレー・セレブリティ | Chevrolet Celebrity(1982-90)

サイテーションとシャシーコンポーネンツを共用する上級コンパクト。


事実上のサイテーションの上級グレードである。

ボディバリエーションは2ドアクーペと4ドアセダン。どちらもノッチバックであり、ハッチバックがメインだったサイテーションと差別化していた。

ホイールベースは104.9インチと、サイテーションとまったく同じである。

標準エンジンは151CI直列4気筒OHV(90PS)。オプションとして173CIのV型6気筒OHV(112PS)が用意されていた。翌1983年にはオプションエンジンに262CIのV型6気筒OHVディーゼル(85PS)を追加している。

さらに1984年からはステーションワゴンも追加したことでしたことで、ミドルクラスの中核モデルとなった。

セレブリティは1990年モデルまで生産されたが、最終年度はステーションワゴンのみの設定だった。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet002.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.14.2012

シボレー・インパラ 9代目 | Chevrolet Impala (2006-12)

シボレー・インパラ 9代目 | Chevrolet Impala (2006-12)

 

9代目インパラは、2006年モデルのインパラは2005年のロサンゼルスオートショーで発表された。


ベースエンジンは、V6(211馬力、3.5L)エンジンであった。

モデルについて最も顕著なニュースは、SSが初めて前輪駆動のシボレー車としてジェネレーションIVのスモール・ブロックV8エンジンを、1996年のカプリス以来初めて搭載したことである。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet003.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.12.2012

シボレー・ベルエアー 初代-4代目

シボレー・ベルエアー 初代-4代目

1953年、ベル・エアーが高級車としてデビューし、2つの下級シリーズ150と210が登場した。1955年、シボレーはV8エンジンをオプションに組み入れた。


1955年シボレーのフルサイズ・モデルがモデルチェンジを受け、エンスージアストから「ホット・ワン」と呼ばれるようになった。 フォードやプリムスとは異なり、シボレーのデザインは洗練されていると捉えられた。

1955年、1956年、特に1957年のベル・エアーは、いつの時代を通じても、最もアメリカ車らしい1台であり、継続してエンスージアストの間で人気が高い。

十分な空間、高燃費など、この後の20年間、デトロイトで製造されたオーバーサイズでオーバーに飾り付けられたフルサイズ・モデルよりも上質であると、 多くの人々に受け止められた。

1955年から1957年、2ドア・ノマド・ステーションワゴンがベル・エアー・シリーズに加わった。

◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.11.2012

フォード・Fシリーズ 11代目 (2004-08)

フォード・Fシリーズ 11代目 (2004-08)

再び直線的でがっしりとしたボディになり、車体の剛性も高まった。
フロントグリルはグレード毎に異なり、様々な種類がある。
先代では4ドアのクルーキャブは全てフレアーサイドであったので、フレアーサイド仕様の割合が高かったが、この現行型では、クルーキャブにもスタイルサイド仕様が導入されたので、スタイルサイド型に人気が集中している。
        

2004年の北米カー・オブ・ザ・イヤーのトラック部門で受賞。

その他にも、数々の賞を受賞。

2005年の年間売り上げ台数が939,000台となり、トラックの年間売り上げ台数の歴代記録を更新。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<フォードのページ> http://www.edo265.net/american/ford012.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.10.2012

サターン・オーラ | Saturn Aura (2007-2011)

サターン・オーラ | Saturn Aura (2007-2011)

オーラは販売低迷のために2005年限りで打ち切られたサターン・Lシリーズの実質的な後継車種であり、再起を図るサターンブランドにとっても重要なモデルとなるが、2007年の北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、その評判は上々のであった。

         
スタイリングはドイツ・リュッセルスハイムにあるオペルのデザインスタジオによって手がけられているが、北米市場向けにサターンが若干の修正を加えている。このためオペル・ベクトラC(フェイスリフト後)とよく似たデザインとなっている。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<サターンのページ> http://www.edo265.net/american/saturn.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.09.2012

Geneva, 82th Int'l Motor Show | ジュネーブモーターショー

Geneva, 82th Int'l Motor Show | ジュネーブモーターショー

Geneva, 82th Int'l Motor Show | ジュネーブモーターショー ›› website

  • 会 期: 2012年3月8日~18日
  • 会 場: スイス・ジュネーブ
  • サロン・アンテルナショナル・ド・ロト(Salon International de l'Auto)= 通称:ジュネーヴ・モーターショー
    1905年に始められた100年以上の歴史を誇るジュネーブ国際モーターショー。世界5大モーターショーのひとつ。 近年は、ジュネーヴ・コアントラン国際空港の近くにあるコンベンションセンターパレクスポ(Palexpo)で開催されている。

◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.08.2012

サターン・ビュー初代 | Saturn VUE (2002-07)

サターン・ビュー初代 | Saturn VUE (2002-07)

サターンブランドの小型SUV!


 「ビューに遂にハイブリッドモデル(グリーンライン)が設定されたが、トヨタやホンダのハイブリッドと異なり、モーター単体での走行はできない。

ビューはホンダ製のV6エンジンを搭載している強力なモデルも用意されているものの、出来の悪いステアリングとハンドリング、そして快適性の低さが、そのエンジンのよさをほとんどダメにしてしまっている。

加工が施されたプラスチックパネル、競争力のある価格設定、そしてサターンの高い消費者満足度があるとしても、いまだにライバルのほうが魅力的である」 (アメリカ情報誌)



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<サターンのページ> http://www.edo265.net/american/saturn02.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.06.2012

ポンティアック・ボンネビル 10代目 | Pontiac Bonneville(2000-2005)

ポンティアック・ボンネビル 10代目 | Pontiac Bonneville(2000-2005)

ボンネビルはポンティアックの中でもトップモデルというべきセダンだったが、その性格はGM内他ブランドの同クラス車に対して明らかにスポーツ性が高かったのが特徴である。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac002.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.04.2012

ポンティアック・テンペスト | Pontiac Tempest (1961-72)

ポンティアック・テンペスト | Pontiac Tempest (1961-72)

ポンティアック・テンペスト(Pontiac Tempest)は、1960年9月から1961年モデルイヤーとして導入されたゼネラルモーターズ(GM)のポンティアック・ディビジョンで製造された入門レベルのコンパクトカー(compact car)である。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.03.2012

キャデラック・セヴィル 初代-2代目 | Cadillac Seville (1975-85)

キャデラック・セヴィル 初代-2代目 | Cadillac Seville (1975-85)

車名のセヴィル(Seville)は、オペラ「セビリアの理髪師」(ロッシーニ・作)で知られるスペインの都市セビリアの名を冠したもの。


1970年代前半に巻き起こったオイルショックの影響を受けた、アメリカ市場におけるアメリカ車全体のダウンサイジング化と低燃費指向に対応せざるを得なくなっちゃいました。 (それでも、5.7L~6L・V8エンジンですけど。)


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<キャデラックのページ> http://www.edo265.net/american/cadillac06.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.02.2012

フォード トーラス | Ford Taurus (2010 -現行)

フォード トーラス | Ford Taurus (2010 -現行)

この6代目トーラスは初披露後から注目されていて評価は高い。

価格面などでライバルとなるのはシボレー・インパラや、(ミッドサイズではあるが)シボレー・マリブ、クライスラー・300及びクライスラー・300C、トヨタ・カムリ、ホンダ・アコードなどであるが、品質はそれ以上のランクの車よりも優れている点がある。


室内での外音の大きさはアキュラ・RL(日本名ホンダ・レジェンド)より優れていると評価され、塗装品質ではレクサス・LSより優れていると評価されている。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<フォードのページ> http://www.edo265.net/american/ford008.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

3.01.2012

キャデラック・アランテ Cadillac Allanté '87-93

キャデラック・アランテ Cadillac Allanté '87-93

Dセグメントに属するラグジュアリー・コンバーチブル


デビュー当初の本国での価格は5万4700ドルと、当時のフラッグシップモデルであった「デ・ビル」の2倍以上の極めて高価な価格設定!


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<キャデラックのページ> http://www.edo265.net/american/cadillac04.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/