12.06.2012

クライスラー・プリムス・フューリー 初代-2代目 | Chrysler Plymouth Fury (1959-61)

クライスラー・プリムス・フューリー 初代-2代目 | Chrysler Plymouth Fury (1959-61)

フューリーはショールームへ客を呼び寄せるためのモデルとして企画され、1956年から販売が開始された。
エントリーモデルのブランドであったプリムスに、当時の趣向であった豪華なモデルをラインナップすることで従来とは異なる顧客層の集客を図る目的があった。

クライスラー・プリムス・フューリー 初代-2代目 | Chrysler Plymouth Fury (1959-61)

企画にちなみ、その名前の由来もローマ神話の女神「フリアイ(Furiae、ギリシャ神話のエリーニュース)」にインスパイアされた造語である。
プリムス・ベルヴェデアとは姉妹車であり、基本的なコンポーネンツは共有している。
プリムスのラインナップ上ではベルヴェデアの下位に位置づけられた。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<クライスラー・プリムスのページ> http://www.edo265.net/american/chrysler06.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

0 件のコメント:

コメントを投稿