10.31.2011

シボレー・エルカミーノ 初代 | Chevrolet El Camino (1959–1960)

シボレー・エルカミーノ 初代 | Chevrolet El Camino (1959–1960)

クーペユーティリティ型のピックアップトラック。

GMCでもスプリント (Sprint) /キャバレロ (Caballero) の車名で姉妹車が発売されていた。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet009.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

10.30.2011

シボレー・サバーバン 6代目 | Chevrolet Suburban (1960-66)

シボレー・サバーバン 6代目 | Chevrolet Suburban (1960-66)

1962年以降、ボンネットの造形が穏やかになり、大きなインテークを廃止して、より近代的な外観に変更された。
1964年、フロントウインドシールドが引き立って見えるよう変更され、ドアウインドウも拡大された。

このモデルは、当初4WDをオプションとしていた。
2WDモデルは、トーションバースプリングを用いたフロントダブルウィッシュボーンサスペンションを装備し、リアはトレーリングアームとコイルスプリングのリジッドアクスルで構成されていた。
         

エンジンは直6とV8で、305立方インチのV6がGMCのモデルでは搭載可能であった。

305エンジンはGMCの中型トラック向けに製造されたものを転用したもので、トルクは大きかったが、燃費には大いに問題があった。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet010.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

10.22.2011

ダッジ・キャラバン 第4世代 | Dodge Caravan (2001-2007)

ダッジ・キャラバン 第4世代 | Dodge Caravan (2001-2007)

アメリカにおけるミニバンのパイオニア的存在として知られる。
また、派生車種として全長を延長したグランドキャラバン(Grand Caravan)が存在していたが、現行モデルよりサイズが一本化されたことによりこのサブネームに統一された。

プリムスでは「ボイジャー」としてラインナップされていたほか、欧州やアジア市場ではクライスラーブランドで発売され、日本では3代目から「クライスラー・ボイジャー/グランドボイジャー」として導入されたが2010年を最後に、日本国内での販売を終了した。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge06.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

10.18.2011

シボレー・コロラド 初代 | Chevrolet Colorado 2004-10

シボレー・コロラド 初代 | Chevrolet Colorado 2004-10

シボレー・S-10の後継として、2004年モデルから発売を開始。
姉妹車として、GMC・ソノマの後継のGMC・キャニオン、いすゞ・オンブレの後継のいすゞ・iシリーズがある。
また、いすゞ・D-MAX、ハマーH3と車台を共用する。

日本ではかなり大きなサイズだが、アメリカではフォード・レンジャーなどと同じく、比較的コンパクトなピックアップトラックであり、学生などに人気がある。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet010.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

10.16.2011

シボレー・コロラド | Chevrolet Colorado '11-

シボレー・コロラド | Chevrolet Colorado '11-

2代目コロラドはGM・ド・ブラジルにて開発され、GMタイランドのラヨーン工場(アジア、オーストラリア向け)およびGM・ド・ブラジルのサンパウロ州サン・ジョゼ・ドス・カンポスの工場(メルコスール加盟国向け)にて製造が行われる。

エンジンは新開発の「デュラマックス」ディーゼルが2種類(直列4気筒2.5Lと2.8L)ラインナップされる。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet010.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

10.14.2011

ランブラー・アメリカン | Rambler American(1958-69)

ランブラー・アメリカン | Rambler American(1958-69)

1968年のAMCランブラーはコンパクトカーだがしっかりしたエコノミーカーとして作られていたランブラー・アメリカンのみだった。

AMCはハーストパフォーマンスと共同開発したマッスルカーのSC/Ramblerを発売した。
最後の年の1969年には、単にランブラーとなった。
最後の一台は1969年6月30日に生産された。
ケノーシャの生産ラインで製造されたランブラー車は420万台を超えた。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<アメリカン・モーターズのページ> http://www.edo265.net/american/others2.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

10.13.2011

シボレー・SSR | Chevrolet SSR 2003-06

シボレー・SSR | Chevrolet SSR 2003-06

SSRはSuper Sport Roadsterの略である。

        
オープンカーの後部に荷台をつけたような非常に特徴的で、レトロなスタイルである。
かつての同社のシボレー・エルカミーノを思わせるようなスタイル。
         

シボレー・トレイルブレイザーEXTがベースとなっていた。

後輪駆動のみのラインナップで、2005年モデルからは、6代目シボレー・コルベットや4代目ポンティアック・GTOにも搭載される、V型8気筒6.0Lエンジンを搭載していた。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet007.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

10.05.2011

シボレー・サバーバン 7-8代目 | Chevrolet Suburban (1967-91)

シボレー・サバーバン 7-8代目 | Chevrolet Suburban (1967-91)

8代目は当初、家族向け4ドア車であった。

1970年代の角の丸いボディスタイルは、最も製造期間の長い18年間の当世代を彷彿とさせるものである。

2WDと4WDをラインナップし、
ベースエンジンは、スモール・ブロック350立方インチで、
400立方インチV8はオプションであった。
454立方インチV8エンジンが2WDの3/4tモデルで最も一般的に搭載されていた。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet010.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/