9.20.2011

エドセル・レンジャー | Edsel Ranger(1957-60)

エドセル・レンジャー | Edsel Ranger(1957-60)

綿密なマーケティングを元に莫大な開発予算と広告予算をかけ、しかもわざわざ社主の息子の名前を採用して市場に投入されたものの販売が全く振るわなかったことから、その後「エドセル」の名は自動車業界のみならず「マーケティング史上に残る最大の失敗のケーススタディ」として語り継がれることとなった。



※ 映画のエドセル
■ ジョージ・ルーカスの出世作となった映画『アメリカン・グラフィティ』の中で、主人公のカート(リチャード・ドレイファス)の妹ローリー(シンディ・ウィリアムス)の愛車として1958年型エドセルが登場している。

■ フランシス・フォード・コッポラが監督した映画『ペギー・スーの結婚』では、主役のペギーがエドセルを購入した父親に対して「よりによってエドセル買うなんて!」と、失笑するシーンがある。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<フォードのページ> http://www.edo265.net/american/ford002.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/
      

0 件のコメント:

コメントを投稿