12.29.2011

シボレー・ルミナ 3・4代 Chevrolet Lumina'98-現行モデル

シボレー・ルミナ 3・4代 Chevrolet Lumina'98-

1990年モデルとしてデビューしたルミナは、前年までのモンテカルロ(クーペ)とセレブリティ(セダン)の後継である。


標準エンジンは151CI(110PS)直列4気筒OHV。
1994年モデル以降はV型6気筒エンジン搭載車のみとなっている。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet007.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

12.28.2011

シボレー・エクイノックス 初代 | Chevrolet Equinox 2005-09

シボレー・エクイノックス 初代 | Chevrolet Equinox 2005-09

SUVとミニバン的要素をあわせ持つクロスオーバー・モデルのイクイノクス(エクイノクス、エクイノックス)。


4サイクル2.4LとV6-3.0リッターエンジンを搭載。
サターンVUEと基本骨格を共有する兄弟車。
 
 
◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓
 
<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet007.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

12.26.2011

シボレー・スパーク M300 | Spark(Matiz) 2009-現行モデル

シボレー・スパーク M300 | Spark(Matiz) 2009-

新しいスパーク/マティスは従来型以上にGMグループの世界戦略車としての使命を任されることになったため、2年3ヶ月の開発期間と2950億ウォンにも及ぶ開発費用が投じられた。


 外観は2007年のニューヨーク国際オートショーに出展された先行コンセプトのシボレー・ビートをほぼ踏襲している。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet008.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

12.23.2011

シボレー・アベオ3代目 | Chevrolet Aveo 2011-現行モデル

シボレー・アベオ3代目 | Chevrolet Aveo 2011-現行モデル

3代目アベオは、5ドアハッチバックの先行コンセプト「アベオRSコンセプト」が2010年1月の北米国際オートショーにて発表され、市販モデルは同年秋のパリモーターショーでデビューした。


ヘッドライトレンズを用いず、飛び出したようなヘッドライトベセルが特徴。
なお、今回から北米地域(アメリカ、カナダ、メキシコ)は車名が「ソニック」 (Sonic) に変更される。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet008.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

12.21.2011

シボレー・オプトラ (ラセッティ) (ヌビラ) Chevrolet Optra/Lacetti/Nubira (2002-2011)

シボレー・オプトラ (ラセッティ) (ヌビラ) Chevrolet Optra/Lacetti/Nubira (2002-2011)

2002年11月のソウルモーターショーでGM大宇・ラセッティ(GM Daewoo Lacetti、コード名J200)として発表。


旧大宇自動車時代から開発が続けられていた車種で、大宇・ヌビラ(Daewoo Nubira、コード名J100)の後継にあたる(本車両にヌビラの名称が冠された地域もある)。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet008.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

12.14.2011

クライスラー・シムカ | Chrysler Simca 1000 / 1307 / 1308 / 1309 (1963-78)

クライスラー・シムカ | Chrysler Simca 1000 / 1307 / 1308 / 1309 (1963-78)

シムカ(Simca )は1934年にイタリア人、アンリ・ピゴッツィ(Henri Théodore Pigozzi 、1898-1964年)が自動車メーカーとして設立した会社。クライスラーがヨーロッパ進出のため1963年に買収し、1970年にはイギリスのルーツ・グループとともに「クライスラーヨーロッパ」を形成した。


1978年にクライスラーがヨーロッパ事業をPSA・プジョーシトロエンに売却した際、シムカブランドはルーツ・グループ系のブランドとともにタルボに置き換えられて終了した。

SIMCAとは「自動車車両車体工業会社」(Société Industrielle de Mécanique et Carrosserie Automobile )の略。


◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<クライスラーのページ> http://www.edo265.net/american/chrysler05.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

12.13.2011

シボレー・サバーバン 9-10代目 | Chevrolet Suburban 1992-2006

シボレー・サバーバン 9-10代目 | Chevrolet Suburban 1992-2006

9代目 (1992-99)
全てのグレードのベース・エンジンは
スモール・ブロック350立方インチ (5.7L-V8) で、
よりヘビーデューティーな2500シリーズには、
ビッグ・ブロック454立方インチ (7.4L-V8) がオプションで搭載可能で、
6.5Lターボ・ディーゼル・エンジンが全てのモデルにオプションで搭載可能であった。



◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

<シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet010.html
<アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

12.12.2011

オールズモビル・トロネード 初代 | Oldsmobile Toronado (1966-70)

オールズモビル・トロネード 初代 | Oldsmobile Toronado (1966-70)

"トロネード(Toronado)"という名称には特別な意味は無く、元々は1963年のシボレーのコンセプトカーのために考え出された名前であった。


フォード・サンダーバードやビュイック・リヴィエラと直接競合するオールズモビルのフルサイズのスペシャリティカーとして企画されたトロネードは、1937年のコード(Cord)以来途絶えていたアメリカ合衆国で大規模に量産された最初の前輪駆動(FWD)車として歴史的に記憶されている。

トロネードは構造的に1966年の後輪駆動のビュイック・リヴィエラと翌年のキャデラック・エルドラド(Cadillac Eldorado)と関連を持っていたがスタイリングは全く異なっていた。

トロネードはリヴィエラとエルドラドとはその28年間の歴史でEボディ(E-body)・プラットフォームを共有し続けたが、ビュイック・リヴィエラは1979年モデルまで前輪駆動に転換しなかった。

        
  • 第1世代 1966年 - 70年
    初代のトロネードは1962年にオールズモビルのデザイナーのデビッド・ノース(David North)が描いたスケッチから始まった。彼のデザインは小型のスポーツ/パーソナルカーで"フレームレッドカー(Flame Red Car)"と呼ばれ、生産は考えられていなかった。


  • ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <オールズモビルのページ> http://www.edo265.net/american/oldsmobile.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    12.10.2011

    サターン・ビュー第2世代 | Saturn VUE '08-10

    サターン・ビュー第2世代 | Saturn VUE '08-10

    新型サターン・ビューは、オペル・アンタラの兄弟モデル。

    外観はグリルやサイド・マーカー以外、アンタラとほぼ同一。

    パワーユニットは、2.4直4DOHCと3.5V6OHV、3.6V6DOHCを設定。このほかハイブリッド仕様のグリーンラインも用意される。

    元々サターン「ビュー・グリーンライン」はGM初のハイブリッドとしてデビューしたが、08年モデルはスタイリングを一新し、外観、パフォーマンスともにより魅力的となった。

    エンジンはエコテック2.4リットルが標準だが、V6のオプション設定もある。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <サターンのページ> http://www.edo265.net/american/saturn02.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    12.08.2011

    ビュイック・ラクロス | Buick LaCrosse '04-09

    2004年下旬、リーガル、センチュリーおよび2004年に廃止された
    オールズモビルブランドのイントリーグの統合車として発売。

    ビュイック・ラクロス | Buick LaCrosse '04-09

    ビュイック・ラクロス | Buick LaCrosse '04-09


    プラットフォームはGM Wプラットフォームを採用し、エンジンはV型6気筒 3.8L L26型、V型6気筒 3.6L HFV6型および、V型8気筒 5.3L LS4型エンジンを搭載!!


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ビュイックのページ> http://www.edo265.net/american/buick03.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    12.07.2011

    ビュイック・ラクロス | Buick LaCrosse 2009-現行モデル

    2010年11月15日、GMはラクロス2012年モデルの2.4L車に

    省燃費技術eAssistを標準搭載することを発表した。


    ビュイック・ラクロス | Buick LaCrosse 2009-現行モデル

    ビュイック・ラクロス | Buick LaCrosse 2009-現行モデル

    エンジンは、直列4気筒 2.4L、V型6気筒 3Lおよび3.6Lエンジンを搭載し、6速オートマチックトランスミッションが組み合わせられる。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ビュイックのページ> http://www.edo265.net/american/buick03.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    12.06.2011

    ビュイック・レイニア | Buick Rainier (2004-07)

    ビュイック・レイニア | Buick Rainier 2004-07

    「シボレー・トレイルブレイザー」の兄弟車。


    設計はレイニア・ロドリゲス。オールズモビル・ブラバダの後継車で、ボディシェルを含めブラバダの部品を多く流用している。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ビュイックのページ> http://www.edo265.net/american/buick04.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    12.05.2011

    キャデラック・シリーズ90 | Cadillac Series 90 (1938-40)

    キャデラック・シリーズ90 | Cadillac Series 90 (1938-40)

    フラッグシップというべき

    V型16気筒エンジン搭載のシリーズ90!


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <キャデラックのページ> http://www.edo265.net/american/cadillac.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    12.04.2011

    キャデラック・カテラ | Cadillac Catera '97-01

    キャデラック・カテラ | Cadillac Catera '97-01

    キャデラック・カテラは、オペル・オメガ(B)をアメリカ市場向けにアレンジしたものです。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <キャデラックのページ> http://www.edo265.net/american/cadillac05.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    12.03.2011

    プリムス・ロードランナー | Plymouth Road Runner (1968-80)

    プリムス・ロードランナー | Plymouth Road Runner (1968-80)

    1960年代後半、当時ブームとなっていたマッスルカー達は本来比較的安価な価格設定であったが、多くのオプションが追加されることで高級、高価格となっていき、それぞれのルーツとなった車から独立していった。

    それに伴い、マッスルカーは若年層には手の届かない存在へと変貌を遂げつつあった。プリムスはGTXというハイパフォーマンス車をラインナップしていたが、ブランドカラーからは外れた価格帯であり、そのため販売が伸び悩んでいた。
    プリムスは若者向けに400mを14秒の速さで走ることができ、3000ドルより安価な価格で販売できる車を欲していた。
    彼らは基本に戻って独創的なスポーツカー概念を生まれ変わらせることに決めた。

    プリムス・ロードランナー | Plymouth Road Runner (1968-80)

    このような経緯を経て誕生したのがロードランナーであった。
    プリムス内での位置づけとしてはハイエンドモデルのベルヴェデアとエントリーモデルのサテライトの間を埋めるマッスルカーとして企画された。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <クライスラー・プリムスのページ> http://www.edo265.net/american/chrysler06.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    12.02.2011

    東京モーターショー: 東京ビッグサイト

    東京モーターショー: 東京ビッグサイト

    東京モーターショー2011 ›› website

    • 会 期: 2011年12月02日~11日
    • 会 場: 東京ビッグサイト
    • 主 催: 日本自動車工業会
    • <会場は24年ぶりに東京都内に戻り、有明の「東京ビッグサイト」に。>
      特別招待日の12月2日(金)には、開会式と総裁寛仁親王殿下によるご高覧が行われた。 世界12ヶ国・1地域から合計176の出展者(ブランド数、展示面積35,151m2)が参加。10ヶ国・1地域から129の出展者(ブランド数、展示面積21,823m2)が 参加した前回ショー(09年)を大幅に上回り、出展者数(ブランド数)では36%増、展示面積では61%増。

    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    11.30.2011

    キャデラック・セヴィル 5代目 AK54K型 | Cadillac Seville 1998-2004

    キャデラック・セヴィル 5代目 AK54K型 | Cadillac Seville 1998-2004

    先代からのノーススター・V8・4564ccエンジンを搭載。


    2004年2月、2004年モデル登場。 右ハンドルを廃止、このモデルをもって、セヴィルの歴史に終止符を打ち、後継車種としてSTSがデビューした。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <キャデラックのページ> http://www.edo265.net/american/cadillac06.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    11.28.2011

    Cadillac SRX | キャデラック・SRX(2004-2009)

    Cadillac SRX | キャデラック・SRX(2004-2009)

    直線基調のエクステリアは「アート&サイエンス」を意識してデザインされたものであり、同時にラグジュアリーさをあわせ持つ。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <キャデラックのページ> http://www.edo265.net/american/cadillac08.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    11.26.2011

    プリムス・フューリー 3-5代目 | Chrysler Plymouth Fury (1962-73)

    プリムス・フューリー 3-5代目 | Chrysler Plymouth Fury (1962-73)

    1970年にフューリーは4代目へと移行する。プラットフォームは先代から引き継いでいるがホイールベースが拡大(119inchから120inch)され、バリエーションはフューリI、同II、同III、スポーツ・フューリ、VIPの5種類がラインナップされた。


    スポーツ・フューリーには、保守的なフューリーにスポーティなイメージを与えるため、2台の新しいハードトップクーペ、S-23とGTが加えられた。
    1970年-1971年のスポーツ・フューリーGTモデルは、エンジンで440CI、6パック・キャブレターをオプションで装備することができた。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <クライスラー・プリムスのページ> http://www.edo265.net/american/chrysler06.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    11.25.2011

    ポンティアック 6000 | Pontiac 6000(1982-91)

    ポンティアック 6000 | Pontiac 6000(1982-91)

    FF・ミドルクラスセダン

    標準エンジンは151CI/Cubic Inch 直列4気筒OHV(90PS)。オプションエンジンとして173CI V型6気筒OHV(112PS)と262CI V型6気筒ディーゼル(85PS)が用意されていた。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac007.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    11.24.2011

    プリムス・バラクーダ | Plymouth Barracuda (1964-74)

    プリムス・バラクーダ | Plymouth Barracuda (1964-74)

    ヘミクーダ(Plymouth Hemi cuda)は、クライスラー社のプリマス部門で製造された乗用車。2ドアのクーペまたはコンバーチブルであり、1964年から1974年まで製造された。


    プリムス・バラクーダ | Plymouth Barracuda (1964-74)

    バラクーダが登場する作品

    ●刑事ナッシュ・ブリッジス - アメリカの人気テレビドラマ・シリーズ。ドン・ジョンソン扮する主人公の愛車として1971年型コンバーチブルが頻繁に登場する。

    ●ニード・フォー・スピードシリーズ - レースゲーム。カーボン及びワールド に1970年型「ヘミ・クーダ」が登場する。

    ●ハイウェイマン(2003) -『ヒッチャー』の鬼才、ロバート・ハーモン監督が『パッション』のジム・カヴィーゼルを主演に迎えて贈るアクションロードスリラー。謎の殺人カーに妻をひき逃げされ復讐の鬼と化した男が、68年型プリマス・バラクーダに乗り込み孤独な追跡を開始する。



    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <クライスラー・プリムスのページ> http://www.edo265.net/american/chrysler06.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    11.22.2011

    ポンティアックG3 | Pontiac G3(2006-)

    ポンティアックG3 | Pontiac G3(2006-)

    ポンティアックG3は、シボレー・アベオ(コバルト)のポンティアック版


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ポンティアックのページ> http://www.edo265.net/american/pontiac008.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    11.20.2011

    ハマーH3 | Hummer H3 (2005-2010)

    ハマーH3 | Hummer H3 (2005-2010)

    2006年モデルは、3.5Lの直列5気筒エンジンが搭載されているが、2007年モデルからは、3.7Lに排気量がアップされている。

     排気量が小さく、またV型エンジンでもないので、アメ車らしいフィールには欠ける。トルク不足からアメリカでも評判が悪く、2007年9月に、5.3L V型8気筒エンジン(295PS)が搭載されたH3 ALPHAが登場した。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ハマーのページ> http://www.edo265.net/american/hummer.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    11.18.2011

    オールズモビル442 (2代目) | Oldsmobile 442 (68-72)

    オールズモビル442 (2代目) | Oldsmobile 442 (68-72)


    オールズモビル442 (2代目) | Oldsmobile 442 (68-72):V8・7.5リッター・390hp!! これぞアメリカン・マッスル・カーだで~!


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓
    <オールズモビルのページ> http://www.edo265.net/american/oldsmobile02.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    11.11.2011

    シボレー・シェベル 2代目 (1967-1972) | Chevrolet Chevelle SS 396

    シボレー・シェベル 2代目 (1967-1972) | Chevrolet Chevelle SS 396

    SS396の名でシリーズ化されたシェベルSSは、ハイパフォーマンスモデルとして、独自のエンジンを持っていた。

    327立方インチ、350立方インチ、396立方インチの各V8がそれである。



    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    11.07.2011

    シボレー・キャプティバ (GM大宇・ウィンストーム)| Chevrolet Captiva 2006-現行モデル

    シボレー・キャプティバ (GM大宇・ウィンストーム)

     

    キャプティバ (Captiva) は韓国GM(旧GM大宇)が2006年から製造し欧州市場およびベトナムでシボレーブランドで販売している中型クロスオーバーSUVである。


    2011年初頭にマイナーチェンジが実施され、フロントマスクなどが大幅な変更を受け、同年7月30日より日本への正規輸入が始まった(2.4Lガソリン+6AT、4WD、右ハンドル、7人乗りの単一グレードのみ)。
    尚、日本仕様は法規を考慮し、サイドアンダーミラーが装着される。

     2012年モデルからは北米市場でもシボレー・キャプティバ・スポーツという名称で発売される予定。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet008.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/



    11.06.2011

    シボレー・クルーズ 2代目 | Chevrolet Cruze 2008-現行モデル

    シボレー・クルーズ 2代目 | Chevrolet Cruze

    GMグループの世界戦略車種に位置付けられるCセグメントファミリーカーで、シボレー・オプトラおよびシボレー・コバルトの後継車種となる。

    したがって、初代とは名前以外に共通点は全くない。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet006.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    11.01.2011

    シボレー・スパーク(GM大宇・マティス) 2代目 | Chevrolet Spark M200 2005-2009

    シボレー・スパーク(GM大宇・マティス) 2代目 | Chevrolet Spark M200 2005-2009

    マティス (Matiz) はゼネラルモーターズ (GM) 傘下にある韓国の自動車メーカー韓国GM (旧称:GM大宇) が製造・販売する欧州Aセグメント級の小型車の旧車名で、2011年3月以降の社名変更に伴ってシボレーブランドに置換され、韓国内における車名も「シボレー・スパーク」となった。



    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet008.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    10.31.2011

    シボレー・エルカミーノ 初代 | Chevrolet El Camino (1959–1960)

    シボレー・エルカミーノ 初代 | Chevrolet El Camino (1959–1960)

    クーペユーティリティ型のピックアップトラック。

    GMCでもスプリント (Sprint) /キャバレロ (Caballero) の車名で姉妹車が発売されていた。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet009.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    10.30.2011

    シボレー・サバーバン 6代目 | Chevrolet Suburban (1960-66)

    シボレー・サバーバン 6代目 | Chevrolet Suburban (1960-66)

    1962年以降、ボンネットの造形が穏やかになり、大きなインテークを廃止して、より近代的な外観に変更された。
    1964年、フロントウインドシールドが引き立って見えるよう変更され、ドアウインドウも拡大された。

    このモデルは、当初4WDをオプションとしていた。
    2WDモデルは、トーションバースプリングを用いたフロントダブルウィッシュボーンサスペンションを装備し、リアはトレーリングアームとコイルスプリングのリジッドアクスルで構成されていた。
             

    エンジンは直6とV8で、305立方インチのV6がGMCのモデルでは搭載可能であった。

    305エンジンはGMCの中型トラック向けに製造されたものを転用したもので、トルクは大きかったが、燃費には大いに問題があった。



    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet010.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    10.22.2011

    ダッジ・キャラバン 第4世代 | Dodge Caravan (2001-2007)

    ダッジ・キャラバン 第4世代 | Dodge Caravan (2001-2007)

    アメリカにおけるミニバンのパイオニア的存在として知られる。
    また、派生車種として全長を延長したグランドキャラバン(Grand Caravan)が存在していたが、現行モデルよりサイズが一本化されたことによりこのサブネームに統一された。

    プリムスでは「ボイジャー」としてラインナップされていたほか、欧州やアジア市場ではクライスラーブランドで発売され、日本では3代目から「クライスラー・ボイジャー/グランドボイジャー」として導入されたが2010年を最後に、日本国内での販売を終了した。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <ダッジのページ> http://www.edo265.net/american/dodge06.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    10.18.2011

    シボレー・コロラド 初代 | Chevrolet Colorado 2004-10

    シボレー・コロラド 初代 | Chevrolet Colorado 2004-10

    シボレー・S-10の後継として、2004年モデルから発売を開始。
    姉妹車として、GMC・ソノマの後継のGMC・キャニオン、いすゞ・オンブレの後継のいすゞ・iシリーズがある。
    また、いすゞ・D-MAX、ハマーH3と車台を共用する。

    日本ではかなり大きなサイズだが、アメリカではフォード・レンジャーなどと同じく、比較的コンパクトなピックアップトラックであり、学生などに人気がある。



    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet010.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    10.16.2011

    シボレー・コロラド | Chevrolet Colorado '11-

    シボレー・コロラド | Chevrolet Colorado '11-

    2代目コロラドはGM・ド・ブラジルにて開発され、GMタイランドのラヨーン工場(アジア、オーストラリア向け)およびGM・ド・ブラジルのサンパウロ州サン・ジョゼ・ドス・カンポスの工場(メルコスール加盟国向け)にて製造が行われる。

    エンジンは新開発の「デュラマックス」ディーゼルが2種類(直列4気筒2.5Lと2.8L)ラインナップされる。



    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet010.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    10.14.2011

    ランブラー・アメリカン | Rambler American(1958-69)

    ランブラー・アメリカン | Rambler American(1958-69)

    1968年のAMCランブラーはコンパクトカーだがしっかりしたエコノミーカーとして作られていたランブラー・アメリカンのみだった。

    AMCはハーストパフォーマンスと共同開発したマッスルカーのSC/Ramblerを発売した。
    最後の年の1969年には、単にランブラーとなった。
    最後の一台は1969年6月30日に生産された。
    ケノーシャの生産ラインで製造されたランブラー車は420万台を超えた。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <アメリカン・モーターズのページ> http://www.edo265.net/american/others2.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    10.13.2011

    シボレー・SSR | Chevrolet SSR 2003-06

    シボレー・SSR | Chevrolet SSR 2003-06

    SSRはSuper Sport Roadsterの略である。

            
    オープンカーの後部に荷台をつけたような非常に特徴的で、レトロなスタイルである。
    かつての同社のシボレー・エルカミーノを思わせるようなスタイル。
             

    シボレー・トレイルブレイザーEXTがベースとなっていた。

    後輪駆動のみのラインナップで、2005年モデルからは、6代目シボレー・コルベットや4代目ポンティアック・GTOにも搭載される、V型8気筒6.0Lエンジンを搭載していた。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet007.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    10.05.2011

    シボレー・サバーバン 7-8代目 | Chevrolet Suburban (1967-91)

    シボレー・サバーバン 7-8代目 | Chevrolet Suburban (1967-91)

    8代目は当初、家族向け4ドア車であった。

    1970年代の角の丸いボディスタイルは、最も製造期間の長い18年間の当世代を彷彿とさせるものである。

    2WDと4WDをラインナップし、
    ベースエンジンは、スモール・ブロック350立方インチで、
    400立方インチV8はオプションであった。
    454立方インチV8エンジンが2WDの3/4tモデルで最も一般的に搭載されていた。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <シボレーのページ> http://www.edo265.net/american/chevrolet010.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    9.29.2011

    フォード・メインライン | Ford Mainline '52-56

    フォード・メインライン | Ford Mainline '52-56

    1952年発売されるも1957年には「フォードカスタム」発表で廃番となっちゃったよん。



    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓
    <フォードのページ> http://www.edo265.net/american/ford002.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    9.20.2011

    エドセル・レンジャー | Edsel Ranger(1957-60)

    エドセル・レンジャー | Edsel Ranger(1957-60)

    綿密なマーケティングを元に莫大な開発予算と広告予算をかけ、しかもわざわざ社主の息子の名前を採用して市場に投入されたものの販売が全く振るわなかったことから、その後「エドセル」の名は自動車業界のみならず「マーケティング史上に残る最大の失敗のケーススタディ」として語り継がれることとなった。



    ※ 映画のエドセル
    ■ ジョージ・ルーカスの出世作となった映画『アメリカン・グラフィティ』の中で、主人公のカート(リチャード・ドレイファス)の妹ローリー(シンディ・ウィリアムス)の愛車として1958年型エドセルが登場している。

    ■ フランシス・フォード・コッポラが監督した映画『ペギー・スーの結婚』では、主役のペギーがエドセルを購入した父親に対して「よりによってエドセル買うなんて!」と、失笑するシーンがある。



    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <フォードのページ> http://www.edo265.net/american/ford002.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/
          

    9.18.2011

    フォード・グラナダ | Ford Granada(1975-82)

    フォード・グラナダ | Ford Granada(1975-82)

    第一世代は1975-80年、第二世代は1981-82年のミッドサイズカー(3.3~4.2リッター)。




    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓

    <フォードのページ> http://www.edo265.net/american/ford002.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/

    9.15.2011

    フォード・コンサル Ford Consul MkII 1956–62

    フォード・コンサル Ford Consul MkII 1956–62

    フォード・コンサルは、1951年にデビューしたブリティッシュ・フォードにとっては真の意味での戦後初のニューモデル。

    '49モデルとして発表され、世界にセンセーションを巻き起こした米本国フォード譲りのフラッシュサイドボディを持つ。
    また、モノコックボディやIFS(前輪独立懸架)、そしてOHVエンジンを備え、戦後フォードではこの後'80年代まで維持される常套的な設計哲学の雛型となった。


    ◆詳しくは、【アメ車まとめサイト】をご覧ください。↓↓↓
    <フォードのページ> http://www.edo265.net/american/ford003.html
    <アメ車まとめサイト>ホームページ http://www.edo265.net/american/